• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

エターナル1巻

ユーザーレビュー
  • 全てのレビューを見る
  • この商品のレビューを書く

特異な作品集です
星

X

281人中、151人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


この商品はすばらしいです。にもかかわらず、★3にさせていただいた理由は、すべてのマジシャンが楽しめる作品ではないからです。個人的にはとても満足しましたが、使用している技法があまりにも特異なため、「創作」を勉強したいと思ってる方でも何の役にも立たない可能性は大いにあります。新しい技法が紹介されますが、それが使えるか、使えないか、役に立つか、役に立たないかは個人の自由な判断によって決められるからです。変わった技法がたくさん出てきます。特に注目すべきはTrue Fryでしょうか。Noエキストラなので気になっている方もたくさんいらっしゃるでしょう。非常にクリーンに演じられますが、それと同時に3枚で演じるには限界があると言う厳しい現実を思い知らされます。好き嫌いが激しく分かれると思うので、それぞれの作品の原案を無理なく演じられる方は購入されなくてもよいかと思います。これほど好き嫌いを激しく分ける作品はなかなか存在しないと感じています。しかし見方によってはすばらしい作品であるのも事実です。一つ一つの作品にこめられた思いと、綿密に張り巡らされたサトルティーは、人を感動させるものがあります。人の作品を受け入れ、そこに込められた本当の意味を理解し、自分の一部にして次につなげていける人には価値のある作品集でしょう。そして、このレビューを書かせていただいた日は、浅田さんのお誕生日です(本人のブログより)。浅田さん、お誕生日おめでとうございます。Etetnal Vol.2が発売されることを心より願って、私のレビューとさせていただきます。

ノートがいい
星

いでじゅん

321人中、170人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


かなりおもしろく見ました。
特にプラチナムリセットと盲目コレクトが斬新な考え方で好み。
この作品はDVDだけじゃなくノートとセットなわけですが、そのノートが読み物としてもいいし、映像では伝わらない痒い部分や考え方を解説してるので気持ちいいです。
ブログも毎回見てるので彼の文章がうまいのは知ってましたがマジックのことになると、よりロジカルな文章になってます。
そのノートに「レパートリーを増やそうと思う方には無意味かもしれません」と書いてますが、レパートリーを増やす時に考えるヒントのようなものが詰まってるので、何かの時には読み返し見返ししたくなる作品です。

作品ひとつひとつに思いがこめられています。すばらしい!
星

マジマジシャン

318人中、165人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


今回、付き合い上、他のマジックショップからこの作品を購入したのですが、改めてクラッシックマジックの良質さと、ひとつひとつの作品の丁寧な作り、ポリシーの素晴らしさに溜息をついてしまいました。浅田氏の底知れない将来性がすごく楽しみです!
エターナル2巻も待ち遠しいです!

流石です。
星

Syo

219人中、109人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


ポン太さんが監修を行い、浅田さんの作品集。やはり質がいいですね。
ただしド派手なマジックをしたい!とかレパを増やしたいと思っている方は他へ移ったほうがいいでしょう。

マジックのあり方、見せ方、創造することへのヒントなどが色濃く学べるかと思います。まぁそのままでも十分レパにいれれるネタですけどね。

DVDの中もお洒落でクオリティが高く、やはり日本語で丁寧に解説が入っているのでとても分かりやすいです。また・・実用性に長けているマジックが多いかと。個人差はあると思いますが。

それに冊子がまた中をみていくとつくっていった工程の考察がみれていろいろ勉強になりますよ。

あくまでマジックのお勉強をするという目的ならばかなりの良商品といえるでしょう。

自分なりのマジックとは
星

がっくん

196人中、92人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


 浅田氏の演技の仕方、間の取り方、話し方など独特な感じで、私としてはとても興味深く見ることができました。また、いかにそのムーヴが意味あるものであるか、複線の動き、不可能性を出したいがゆえのシークレットムーヴに対する浅田氏の考え方を知ることができます。

 「自分がいなければ、永久に存在しなかっただろう」という創作をコンセプトにしたDVDですが、私も、創作とまではいかなくても、自分なりの演技の仕方、技法の選択、ストーリーを考える大きなきっかけとなる作品でした。

 たしかに浅田氏の改案はやや怪しい動きがあり、単にレパートリーを増やそうとすると難しいと思います。しかし、だからこそ浅田氏の改案に対し、自分なりの答えをどう導くかというところまで考えたくなるのだろうと思うのです。

 私としては、「自分なりのマジックとは」を考えるよい作品に出会えたと思っています。


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。