• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

ロードランナー・カル 1巻 + 2巻 日本語字幕版

商品画像
ジャンル DVD / カード
メーカー名 Script Maneuver
シリーズ 日本語字幕付きDVD
マジシャン名 コスチャ・キムラット
価格 ¥ 7,119(税込)
難易度 星
メモ おすすめ
紹介ツール

従来のカルを、より多く、より高速に、より自然に。

任意のカードをボトムやトップにコントロールする技法、カル。極めて自然に振る舞えるため、使い勝手がよく、応用範囲の広い、とても実用的なテクニックです。

コスチャ・キムラットのロードランナーカルは、とにかく自然で高速です。マジシャンが見ても、単にカードを広げているだけにしか見えません。 彼は従来のカルを洗練させ、怪しい動作を伴うことなく、高速で大量のカードをコントロールできる安定したテクニックに仕上げました。

極めれば、カードを広げて見ていく中で赤と黒を完璧に分けることも、観客が裏と表をバラバラに混ぜたデックでトライアンフを行うことも可能になります。 DVDでは、この進化したカルを、誰にでもわかるように順序立てて明快に解説してくれます。

日本語字幕版では、オリジナルで別々にリリースされていた1巻と2巻が1枚にまとまりました。1巻ではカルの基本、2巻ではカルをより実践的なものとするための細かいコツ、工夫が解説されます。

どんな状況にも対応できる力と自由を与えてくれるカル。日本語で細部まで理解してください。

基礎 まだまだおぼつかない
  • リズム・スピード・ライミング
  • 1枚のカル
  • もう1つのハンドリング
  • リズム・スピード・タイミング2
  • 4枚のカル
応用 カルに少し慣れてきた
  • カード・コントロール
  • キーカード・プレイスメント
  • ボトム・フォース
  • コンビンシング・コントロール
  • リバース・スプレッド・カル
  • マークド・デックを使う
  • アウトに使う
上級 完全に自分のものにしたい
  • 複数枚のカル
  • フルデック・セパレーション
  • 見え方
  • 手首のコツ
  • アングル・カル・セパレーション
  • カードがバラバラになった場合
  • リズムが崩れた場合
  • スプレッドが崩れた場合
カリギュラ・トライアンフ
カードの混ざった状態を良く見せる事ができるトライアンフ。他のに比べ説得力があります。観客に1枚のカードを選んでもらった後、カードを表裏ぐちゃぐちゃに混ぜます。 カードを広げ、間違いなく表裏がランダムに混ざっていることを示します。それから、マジシャンがおまじないを掛けると、観客の選んだカード以外が全て裏向きになります。
シャッフル・ファースト・アスク・クエスチョン・レイター
観客にカードを表裏にバラバラに混ぜてもらい、2枚選んでもらいます。そのカードをデックに戻します。おまじないを掛けると、観客の選んだカード以外全て表向きになります。
フォー・4・フォローイング
観客が好きなカードを1枚言ってもらいます。そのカードをデックに表向きで入れると、同じ数字のカード3枚も表向きで現れます。
アンド・イフ・オール・ゴーズ・ロング
上記のマジックに続けて行います。同じ数字のカード4枚を観客に渡したら、カードを表裏ぐちゃぐちゃに混ぜます。デックを広げていき、観客にカードを表向きか裏向きか好きな向きで 差し込んでもらいます。デックを閉じ、おまじないを掛けると、その4枚のカードのみ表向きになります。
アンシャッフル・カラー
観客の選んだカードをデックに戻し、他の観客に良く混ぜてもらいます。カードを見ていくと、もちろん何の規則性もありません。しかし、マジシャンがデックを2つに分けると、それぞれのパケットは赤と黒のカードに見事分かれます。さらにおまじないを掛けると、観客のカードのみパケットを移動します。
基本をやりなおしたい
  • 1枚のカードへのアプローチ
  • ありがちな間違いを避ける
  • カードの位置
  • スプレッドの幅
  • 複数枚をカルするコツ:リズムと流れ
  • 練習のコツ
  • ありがちな間違い:カードを見失う
  • 指と手の位置
  • 練習のコツと、コツをつかむ瞬間
より上級の方法を学びたい
  • スプレッドとリズムのコツ
  • カルによるカードのスタック
  • 「カード消失」の回避
  • 手を止めないコツ
  • カルの始め方と代替ハンドリオング
  • よくある間違い:ギャップを作らない
  • 演技の角度
  • ワン・カード・リバース・カル
  • コンビンシング・コントロールのためのXカードのカル
  • スプレッドが崩れた場合のリバース・スプレッド
  • カラー・セパレーションの別法
  • 自信と観客マネジメント
フォー・ザ・イージー・ウェイ
観客に1枚のカードを選んでもらい、見ないままテーブルに置いてもらいます。それから、デックを表向きで広げ、観客にバラバラなカード3枚を選んでもらいます。テーブルのカードを見ると、Jです。おまじないを掛け、デックを広げると、先程選んでもらった3枚が全てJになっています。
サーチャー・サンドイッチ
カルを使ったサンドイッチカード。2枚のKを表向きでデックの上から数枚目と下から数枚目に置きます。デックを広げてみると、2枚のKが真ん中に移動し、その間に1枚のカードが挟まっています。そのカードは観客が選んだカードなのです。
ストレート・エッジ・カレクター
カードの移動+コレクター。すっきりとしてインパクトのある良い手順です。マジシャンは4枚のKをカードケースの上に置きます。それから、デックを広げ、観客に3枚のカードを選んでもらい覚えてもらいます。デックを観客に渡し、ケースの上に置いたK4枚を持ちます。両手の中でK4枚が消えます。デックを広げてみると、4枚のKが表向きで現れ、その間に1枚ずつ裏向きのカードが挟まっています。それらのカードは観客が覚えたカードなのです。カルの威力を感じる作品です。
テン・タイムス・トライアンフ
1巻のカリギュラ・トライアンフと同じ現象を易しくした手順。カードを表裏ぐちゃぐちゃに混ぜます。カードを広げ、間違いなく表裏がランダムに混ざっていることを示します。それから、マジシャンは観客に2枚カードを選んでもらいます。おまじないを掛けると、観客の選んだカード以外が全て裏向きになります。ぐちゃぐちゃに混ざった状態から選んでもらうため、その間にカルをする事ができ、観客のカードを見失う事もありません。
パーシャル・カル・トライアンフ
タイトル通り、一部分しかカルをする必要がないトライアンフ。演者の負担が少なくなっています。
ストリームライン・スイッチ
使えるスイッチです。マジシャンはデックを広げていき、観客にカードを4枚触ってもらいます。そのカードを見ると、なんと全てAです。カルは使いません。
アンダーカバー・フォーサム
観客にカードを1枚選んでもらい、デックに戻します。デックをよく混ぜたら、表向きに広げバラバラのカード4枚を候補として取り出します。観客はその中に選んだカードが入っていると言います。観客に選んだカードを言ってもらってから、マジシャンがもう一度4枚のカードを見せます。すると、4枚は観客の選んだカードと同じ数字のカードになっています。
クイック「ギャンブラーvsマジシャン」
面白いプレゼンテーションです。マジシャンはデックをカットし、4枚のカードをデックから突き出します。そのカードを見ると、K3枚とA1枚です。フォー・オブ・カインドの失敗と思いきや、カードを広げるとA4枚に変わっています。
イット・テイクス・4・トゥ・ファインド・4
4枚のKをテーブルに置き、観客に手で押さえてもらいます。デックを広げ、観客に適当な所でストップと言ってもらい4つのパケットに分けます。その分け目のカードを見ると、全てKです。観客が抑えていたカードを見ると、Aに変わっています。
関連商品
ユーザーレビュー
  • この商品のレビューを書く

レビューはありません

pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。