• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

ユーザーレビュー

hanasanJrさんが書き込んだ商品レビュー

マルヤマ・デス・ノート Vol.2.14
読み直してみると...
星

マルヤマ・デス・ノート Vol.2.14


買った当時はこのレクチャーノートの良さが分からず酷評してしまいましたが、今改めて読み返してみると非常に良いレクチャーノートだと感じたので再レビューです。

A4サイズで22ページ。ツルツルした紙を使用しています。

・良い点

アウトになった時の台詞や考え方はとても参考になりました。
実際お客さんからしたらどんな印象なのかは気になります。

お客さんの見て覚えたカードをガチで当てる「EYE SIGHT」という手法ですが、この手のマジックをやったことがない僕でも台詞を言うタイミングが図などで解説されていて、理解しやすかったです。
この手法を用いたBreak Outを5回それぞれ違う人に実践したところ、3回はしっかり当てることが出来ました。
サンプルがやや少ないですが、しっかりと習得すれば実践に耐えると思います。


・改善点
コピペミスや誤字脱字が少し多く、読みづらくなっている為★-1です。
これ以降に出されたノート(Vol0.019、3.26等)はかなりマシになっていますが...
修正する暇がないほど氏が忙しいということにしておきます。笑

・総評
中級・上級者向けの非常に内容が濃いノートでした。
誤字脱字を除けば丸山真一氏の頭の中をまるっと覗くことが出来ます。
特にこのノートの核となる「EYE SIGHT」と忘却法(謎の質問)の部分が参考になりました。
忘却法についてはVol0.019のテーマにもなっていますので、気になる方は是非。

このノートで紹介されているマジックは氏のカードインザボックスの技法が出来ることが前提となっていますので、もし出来ない!知らない!という方は、「My soul in the box」を入手していただき、習得しましょう(簡単ではありませんが)。
(※Into your mindのみ、この技法を回避して演技することが出来ます)

Into your mind、Hope Outの技法、Break Outの実演はDVD「マルヤマ・デスノート・ザ・ムービー」で見ることが出来ます。
そちらも非常にオススメです。

皆さんも一度時間をおいてレクチャーDVDやノートを見てみると新たな発見があるかも!?

~~~
以下、買った当時のレビューです。

・良い点
アイデアと演出は良い。
カードをお客さんに見せて、覚えさせるときのタイミング(サイ〇〇ジ〇〇フ〇〇スかな?)も詳細に書かれていて、万が一外したとしてもInto your Mindの技法を使えばアウトも万全。

・悪い点
マジック初心者には向かない。
「My soul in the box」というカードを箱に入れる高度技法が3つ全てのマジックのアウトにとにかく使われているので、丸山真一以外が実践するにはハンドリングを大幅に変える必要がある。
「ありえない!」といったアウト時の言葉も本人は正当化しているが、イマイチ無理やり感が否めない。


これを買うならレクチャーDVD「マルヤマ・デスノート・ザ・ムービー」も絶対に買った方が良い。というかそっちの方がオススメです。
自分は「ザ・ムービー」の方を先に購入したので内容が頭に入りましたが、写真も少なく初見でこの本だけじゃ絶対に理解できない。
タイトルにも書きましたが、主に彼の理論を知る為の冊子だと割り切った方が良いです。(技法を習得したい方はザ・ムービーを見ましょう)

あとコピペミスやパターンを「パター」と表記しているのが少し目につきました(後者は氏の好みかもしれないけど)

マイソウル・イン・ザ・ボックス
参考になりました
星

マイソウル・イン・ザ・ボックス


・良い点
1時間のうちBoxの作り方から基本的なカードの入れ方、オフビートや理論など、17のセクションに分かれて解説されています。

これを習得すれば「MARUYAMA DESU NOTE Vol2.14」にあるような不可能なマジック(やそのアウト)が可能になり、ショップの解説文にある「生涯の武器になります」は間違いじゃないですね。
特に、DVD中で解説されている「アウト理論」の話は、マジックを創作する上で非常に参考になりました。

僕も現在練習中ですが、楽しくて練習が苦にならないですね。
また、Hope Outの実演が付いてくるのは演技をする上で参考になるのでお得ですね。

・改善点
指の動きが見やすい真横(テーブルに限りなく近い位置)からの視点
や、細かいポイントがもう少しあるといいなと思いました。


結局は「気合いだ!」これに尽きるんでしょうね(笑)

・総評
細かい視点から見れるスムーズなレクチャーというよりは、一つの技法に特化したAt the table やPenguin Liveのような感じを想像していただければ分かりやすいと思います。

※このDVDはあくまで技法の解説だけで、実際の使い方や入れる時、入れた後の台詞などはMARUYAMA DESU NOTE Vol2.14」に載っています。

2016年の段階で氏はこの技法をトップチェンジと同じぐらいのスピード・ストレスで出来るらしく(このDVD撮影時はまだそのレベルに達していない)、新たなコツなどもあると思うので、いつか再収録したパワーアップ版も制作していただけるととても嬉しいですね...

マルヤマ・デス・ノート Vol.2.14
理論を知知る為の冊子
星

マルヤマ・デス・ノート Vol.2.14


A4サイズで22ページ。ツルツルした紙を使用してます。

・良い点
アイデアと演出は良い。
カードをお客さんに見せて、覚えさせるときのタイミング(サイ〇〇ジ〇〇フ〇〇スかな?)も詳細に書かれていて、万が一外したとしてもInto your Mindの技法を使えばアウトも万全。

・悪い点
マジック初心者には向かない。
「My soul in the box」というカードを箱に入れる高度技法が3つ全てのマジックのアウトにとにかく使われているので、丸山真一以外が実践するにはハンドリングを大幅に変える必要がある。
「ありえない!」といったアウト時の言葉も本人は正当化しているが、イマイチ無理やり感が否めない。


これを買うならレクチャーDVD「マルヤマ・デスノート・ザ・ムービー」も絶対に買った方が良い。というかそっちの方がオススメです。
自分は「ザ・ムービー」の方を先に購入したので内容が頭に入りましたが、写真も少なく初見でこの本だけじゃ絶対に理解できない。
タイトルにも書きましたが、主に彼の理論を知る為の冊子だと割り切った方が良いです。(技法を習得したい方はザ・ムービーを見ましょう)

あとコピペミスやパターンを「パター」と表記しているのが少し目につきました(後者は氏の好みかもしれないけど)

マルヤマ・デス・ノート・ザ・ムービー
凄く参考になりました
星

マルヤマ・デス・ノート・ザ・ムービー


・良い点
Mind from mind は実演を観ても全く分からなかったので、数理的原理・大まかな解説が見れて良かった。
かつ丼・天丼・牛丼フォースは凄いくだらないけど、しっかりとアウトも用意されていて実用的。
マジシャンズセレクトやHope outの技法の解説も参考になった。
Into your Mindの箱からカードが出る技法も良かった。様々なマジックのアウトにも使えるし、単純なカードtoボックスにも使えます。

・ウーンな点
ほぼ無い。
しいて言うならば、Hope Out等のマジックは技法のみの解説となるので、詳しいやり方・演じ方や理論はマルヤマ・デスノート1.25&2.14を参照。(ある程度の経験者なら本解説を見ただけで使い方が分かるはず)
あとは少しDVDの作りが悪かった程度。あまり気にならないけどね


先に解説を一通り見た後にライブ映像・特典映像を見ると「あの時あの技法使ってたのか~」となって楽しい。
おまけの丸山真一紹介動画も本人の成り立ちを知れて面白かったですw
既にマルヤマ・デスノートシリーズをお持ちの方はもちろん、まだ持っていない方にも知識の吸収としてオススメです。

カード・トゥ・ウォレット
普通に使える
星

カード・トゥ・ウォレット


ウォレット系は初めて買いましたが、作りがしっかりしてて満足です。
ただ、説明書などが同封されておらず、最初は全くやり方が分からなかったこと(試行錯誤しながらも自分で考えてやってます)
、ロードするときに後ろからの角度に少し弱いです。
あと、尻ポケットが深いズボンは少しやりにくくなる時があるので注意が必要。
合皮なら価格も安いし、マジックに使うだけなら十二分に使えます。

マジック・ミステリー・ペン
このやり方は最強
星

マジック・ミステリー・ペン


似たような商品は沢山ありますが、その中でどれがいいかと言われたら、迷わずこれを薦めます。理由は2つ。
まず、概要に書いてあるようにギミックは離脱式かつとてもシンプルな構造なので、お客さんに渡しても、最悪全て分解されても全くばれることがありません。
次に、動画にあるようなフレンチドロップの手順です。自分からはどう見ても刺さっているようにしか見えません!解説もギミックの処理方法まで動画で丁寧にされているのがGood。
そんでもってこの価格。最強です。

サマーNOC 限定版
なかなか良い
星

サマーNOC 限定版


オレンジを買いました。
普通のバイスクルと比べるとかなり薄くなってるので、シャッフルやパームなどの技法がとてもやり易いです。
ただバックの印刷ズレと裁断面が荒いのが少し気になりますが、すぐに慣れました。発色も良かったので他の色も買おうと思います。

割りバニッシュ
演出次第
星

割りバニッシュ


実際に庄司タカヒト氏の演技を見て購入を決意。
もともとこの商品は知っていましたが、実演されるとまんまと引っかかってしまいましたw
2、3m離れるようなサロンの距離ならバレないと思います。入れた封筒を透かして中を見せたり、軽く机に叩いたりすることも出来ます。
しかし「今からこの普通の割りばしを使った~」と始めると明らかに怪しいので、まず普通の割り箸を使ったマジックをして、少し時間を置いてからオフビートの時にスイッチしてやるのが一番ですかね。
タネがシンプルなだけに魅せ方勝負です。


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。