• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

ホアン・タマリッツ・カード・マジック

商品画像
ジャンル 書籍 / オムニバス
シチュエーション クロースアップ パーラー
メーカー名 東京堂出版
マジシャン名 ホアン・タマリッツ
角矢 幸繁
価格 ¥ 3,456(税込)
難易度 星
メモ おすすめ
紹介ツール

「現代における世界最高のマジシャン」

世界中のマジシャンから、そう尊敬を集めるのがこのホアン・タマリッツです。スペイン及びスペイン語圏の南米ではテレビスターで、お茶の間からも絶大な支持を得ています。若手の育成にも熱心で、ダニ・ダオルティスをはじめ数多くの名人を育て上げています。マジックを学ぶ上で、タマリッツの著書はすべて必読書とされていますが、とりわけ彼の代表作が詰まった『SONATA』は重要視されています。その和訳が本書というわけです。

何十年にも渡る実戦と改良を繰り返した、練りに練られた作品が揃っています。彼の演技は破天荒に見えながら計算されつくされていることで有名ですが、この本を読めば、それがはっきりわかるはずです。緻密な配慮のひとつひとつを味わってください。ここにあるトリックを演じないまでも、あなたのマジックにクオリティをもたらすでしょう。

天才タマリッツがあふれんばかりの情熱と才能を注ぎこんだ傑作の数々をご堪能ください。

ザ・タマリッツ・パーペンディキュア・コントロール
フレッド・カップスが応用範囲の広さに感心した技法です。同じ動きでコントロール、パーム、グリンプス、ラッピングなどができます。
メキシカン・ターンノーバーの研究
メキシカン・ターンノーバーの錯覚を強めるアイディア。カードをカードでひっくり返す理由づけについても語ります。
ペルー人のターンノーバー
テーブルのカードを少し折り曲げて行うメキシカン・ターンノーバーです。
ザ・タマリッツ・ターンノーバー
ダブル・ターンノーバーを1枚に見せかけるアイディアです。何度もレクチャーの目玉になった技法で、マジシャンをも騙します。
タブレッツ・チェンジ
複数枚のカードをチェンジする方法です。
ステアケース・チェンジ
適当に混ぜたデックのトップから4枚のカードを見るとすべてAです。その4枚が違うカードに変化します。
カスケード・シャッフル
2つのパケットを噛み合わせ、ウォーターフォールし、カットしますが、カードは混ざりません。
ファロー・シャッフルと他のシャッフルに関する考察
ファロー・シャッフルに関してタマリッツが考えていることです。失敗した場合の修正方法、対マジシャン用にパーフェクトに見せない策略が興味深いです。
アンチ・ファロー
パーフェクト・ファローをした後、カードの並びを戻すアイディアを約20ページに渡って紹介します。クリスチャン・イングブルムの「アンチ・ファロー」とは別物です。
“プロフェッサー”ダイ・ヴァーノン
ダイ・ヴァーノンにまつわる思い出です。
暗い日々
黒いカード7枚から観客が選んだ1枚を当てます。残りの6枚を確認するとすべて赤色のカードに変わっています。 カード7枚を一週間のそれぞれの曜日に見立て、毎日が暗いといったストーリーがおもしろいです。
3人の役者
観客に選んでもらった3枚のカードを3回見つけ出します。1回目は1枚ずつ、2回目は3枚を同時に取り出します。3回目は裏、表バラバラに混ぜたデックにおまじないをかけると、その3枚だけが表返っています。
ダブル・アンビシャス
カードを2枚使って行うアンビシャスです。デックの中にバラバラに入れた2枚がそろってトップに上がって来ます。 折り曲げた状態で上がって来るあのクライマックスも2枚で行います。
お守り
1枚のカードを示して左手の指先に持ちます。このカードにお守りをかざすと、カードがひとりでに回転し、表は違うカードに変化します。サインがひとりでに現れるものや、カードの裏模様が変わるというバリエーションもそれぞれ解説します。
恋の囚人
サインをしてもらったカード1枚と、ジョーカー2枚を使います。サインをもらったカードの端を折り曲げ、すりかえできない状態にします。このカードをジョーカー2枚の間に入れると、一瞬にして消え、マジシャンが着ているジャケットの内ポケットから出てきます。
ロイヤル・アセンブリー
絵札全部とA4枚の計16枚を使います。それぞれのスート毎に4枚並べたはずが、おまじないをかけると数字毎に揃っています。
3色のルーティン
赤いスートから1枚、黒いスートから1枚、計2枚を見て覚えてもらいます。赤いパケットは、マジシャンが着ているジャケットの内ポケットへ入れます。黒いパケットはテーブルに出しておきます。この状態からデックにほとんど触らず、この2枚を当てます。確認すると、赤いカードが黒いパケットから、黒いカードが赤いパケットから出てきます。さらに内ポケットから黒いパケット、テーブルには赤いパケットとパケットの位置まで入れ替わっています。
エスコリアル- 76
“Out of This World”のバリエーションをいくつか解説します。A4枚を表向きに並べます。カードの表を見ずに、直感でスートを観客が選び、マジシャンがそれぞれのAの上に並べていきます。最後にカードを確認するとすべて正解しています。 バリエーションには数字がA~Kまで順番通りに並ぶもの、観客が指定したスートだけが揃うものなどがあります。
ジョーカーの催眠術
ジョーカーが催眠術を使えるというストーリーで演じるカードマジックです。バラバラの場所から抜き出したカード3枚が、催眠によってすべて選んでもらったカードに見えます。催眠がとけると、この3枚はすべて違うカードになっています。覚えたカードはマジシャンのポケットから出てきます。
目が節穴でなければ、おバカでもない
セルフワーキングです。考えうる怪しさを排除していく作業が、実はカード当てに必要な操作になっているという面白い手順です。セルフワーキングにありがちな冗長感がなく楽しめます。
公明正大なトライアンフ
フォールスシャッフルを使用しない公明正大なトライアンフです。
ジャンブルズ
裏、表ごちゃ混ぜのデックから3枚のカードを覚えてもらいます。デックをテーブルの下で持ち、指先の感覚でカードを当てると言います。失敗したような感じでデックを広げると、それら3枚だけが表向きになり、残りは裏向きにそろっています。
トータル・コインシデンス
赤裏と青裏のデックを1組ずつ使います。どちらもよく混ぜてもらい、混ぜてもらったら2つとも赤いスートと黒いスートに分け、赤のスートをそれぞれケースにしまいます。残ったパケットの内、青裏の方を好きな位置から持ち上げてもらい、その場所にあるカードを覚えてもらったら、このカード1枚だけを横向きにしてパケットを重ねます。 青裏と赤裏のパケットを、上から1枚ずつ同時に配っていくと、赤裏でも同じ位置に選ばれたカードがあります。次に赤裏と青裏のパケットを混ぜ合わせてもらいます。その中から赤裏のカードを1枚選んでもらい、青裏からはマジシャンが1枚選びます。これが一致します。赤裏と青裏のパケットを分けます。表を確認するとそれぞれのカードの並びが一致しています。最初に観客がよく混ぜ、ケースに入れたパケットを確認すると、こちらも並びが一致しています。
魔法のカード
カードを1枚選んでもらったらデックに戻します。小さな封筒からブランクフェイスを1枚取り出します。おまじないをかけるとカードの裏が変化します。もう一度おまじないをかけると、表に観客の選んだカードが出てきます。もう一度おまじないをかけると、裏面がマジシャンの似顔絵に変化します。
移動するカード
タマリッツ版カード・アクロスです。観客が自由に選んだ2枚が移動します。
3つのグラスを使った予言
よく混ぜたデックからカードを9枚選んでもらいます。別の観客にカードを取り除いていってもらい、最終的に1枚を選んでもらいます。このカードが予言されています。
スライディーニ
スライーディー二にまつわる思い出です。
ペンナイフを使った技法
一般的なものより、軽いタッチでできるパドルムーブ2つと、ナイフ3本を同時にチェンジする技法です。
移動するペンナイフ
左手に白いナイフと緑のナイフを1本ずつ置きます。観客が指定した色のナイフだけが消え、消えたナイフはポケットから現れます。
ペンナイフとハンカチ
左手に赤いナイフを置き、その上にハンカチをかぶせ、ハンカチの上に白いナイフを置きます。この2本の位置が一瞬で入れ替わります。
プログレッシブ・ルーティン1-2-3
最初は1本のナイフで始め、次に2本、そして3本と段階的に増やしていくカラー・チェンジング・ナイフの手順です。
回文ルーティン
カラー・チェンジング・ナイフの手順です。使用する道具をすべてあらためてもらってから始め、最後にはすべて手渡すことができます。
虹のルーティン
ナイフを3本使います。それぞれ白と緑と赤です。両手を握り開くと、両端が白いナイフで真ん中は緑のナイフになります。 もう一度手を握り開くと、両端が赤、真ん中が白になります。もう一度握って開くと、両端が緑、真ん中が赤になります。 最後に握って開くと、元の組み合わせに戻っています。
細かなアイディア集
カラー・チェンジング・ナイフに関するアイディアの詰め合わせです。
著者から見た著者について
自分自身がどういう人間かをホアン・タマリッツが客観的につづります。興味のあるマジックや好きなマジシャン、好きな書籍など参考になるでしょう。
関連商品
ユーザーレビュー
  • 全てのレビューを見る
  • この商品のレビューを書く

BIG UP
星

K-Ta


TPC,ジョーカーの催眠術、トータル・コインシデンスだけで元取れます。他の作品もタマリッツ氏の情熱が込められています。
・・・でも、ペンナイフ持ってないんですよね(泣)。
おこずかい足りないので買えないですし。
はい、愚痴はレビューになりませんよね笑
おすすめです、是非買ってみては?

トリック集として優秀
星

靴下の裏


ここでは購入していないのですが、レビューを書きたいと思います。
マジックの書籍のなかでも一つ一つのトリックが理論的に考えられたものがそろっている本だと思います。
おすすめはやはりザ・タマリッツ・パーペンディキュア・コントロールです。この技法だけで元が取れるというとさすがに言いすぎですがこれを習得するのは大変価値あることだと思います。

世界最高峰のマジシャンの作品集、是非その世界を楽しんでください。


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。