• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

ユーザーレビュー

松葉カニ太郎さんが書き込んだ商品レビュー

まんぼうイズム・フォー・ブサイクマジシャンズ
たくさんの知恵と一流のショーマンシップが詰まった貴重な映像資料
星

まんぼうイズム・フォー・ブサイクマジシャンズ


 すっごく面白いです。人を惹きつけるのが上手いなと思います。人を楽しませるのにはどうしたらいいかということを、とてもよく考えていて、エンターテインメント性がとても高いです。

 きっと楽しんで見れると思いまので、強くオススメします。日本最高峰のコメディマジシャンとういのは、決して大袈裟な表現ではないと思います。

ウィンドミル・チェンジ
コロンブスの卵
星

ウィンドミル・チェンジ


ありそうで、なかった手法で面白いと思います。ただ、チェンジしてそのあとマジックつづけるなら、デックスイッチが必要なので、実用性はどうなのかと思います。

それと勘のいい人なら、分かってしまうとは思います。自分も多分こうだろうと思って買ったらその通りでした。ただ、アイデアは斬新で見ておいて良いと思います。

D4S アンフェア
マジックと催眠術を高次元で融合
星

D4S アンフェア


とにかく素晴らしい。是非見てほしいです。マニアの自分がMRIペンデュラム・アンフェアに騙させたことにびっくりしました。こんな初歩的な原理に引っかかるなんて。本当に賢く素晴らしい!お客さんのリアルな反応が、このDVDの評価だと思います。

丸山真一 特別レクチャー in 金沢
安いのでこんなものかな
星

丸山真一 特別レクチャー in 金沢


 あまり映像にするメリットはなく、理論とかは書籍で出してくれた方がよかったかもしれません。興味深いテーマをやってくれているので、もう少し踏み込んで解説をしてくれるといいなと感じました。例えばサトルティーを日本語にすると「無意識のうちの錯覚」と定義しているなどなるほどなと感じました。

 技法についていえば、演者側からの映像がなくては、マスターできないので、これはほとんど無意味かなと。パスの解説にそんなに時間も割かなくていいしと思いました。値段が安いのでこんなものですかね。

スリー・カード・ルーティンズ 日本語字幕版
最高傑作を詰め合わせた名盤
星

スリー・カード・ルーティンズ 日本語字幕版


 これは素晴らしいDVDでした。購入して本当に良かったと思いました。Double Exposureだけのためと思って購入してもいいと思います。以下個別に感想を述べます。


Triumph and Triumph

ダブルクライマックスにするかわりに、犠牲にする部分が多過ぎるので自分はやらないです。原案にある公明正大に混ぜたことも見せられないことや難易度が格段に上がってしまっています。ただこの現象は好きなので観賞用として見ておいて損はないと思います。


A.A.C.A.A.N.

最も完璧に近いACAANの言葉に偽りはありません。どうやっているのか全然分からなかったですし、これ以上のハンドリングも望めないのではと思います。ただこれも自分はやらないです。まずメモライズドデックをマスターしなければいけない点。またそれが出来ても重要なハンドリングの難易度がかなり高いと思い、マスターするにはそれなりの経験と時間が必要だと思います。ただ僕が見た中で一番不思議なエニエニで、この作品を知れて良かったと思いました。


Double Exposure

これが一番素晴らしかったです。本編ではノーマルでやっているのですが、ギャフでのやり方にも言及しており、私はギャフで十分かなと個人的には思いました。ギャフであればマスターするのに時間はかかりませんし、すぐに演じられます。また、もっとハイテクな技術を使用したものなのかと思いましたが、人間の盲点を着いているだけで、別に難しい技術も必要ありません。何といってもお客さんにスマホで撮影できるので、それをそのまま思い出として残せるのが何よりも良いと思います。演じ方や演出などいくつか紹介してくれて、マジシャンの考え方によってどう演じるか、好みは分かれると思いますが、(例えば現実のカードも揃っていると見せるのかどうか等)とにかく素晴らしいトリックです。


 DVDはどのトリックも2パターンくらい演じていてくれており、解説もとても親切で分かりやすく素晴らしいDVDです。Double Exposureを目玉に後の二つは原理を知ることや観賞用としてでも、決して不満はないと思います。とてもお薦めできます。

ホワイトインパクト
セットアップが大変過ぎる
星

ホワイトインパクト


 2度目のレビューになりますが、これは実際に練習して人前で演じてみた上での感想で、実戦で使えるかどうかという、実用性をもとにレビューしているので、多少意見が厳しめになることをまずご了承ください。また前回のレビューも当時思っていたことを、書いているので、そちらも参考にしていただければと思います。

 結論からいうと、このマジックはレパートリーからはずしました。一言でいうとリセットが煩わしすぎるので、演じなくなってしまいました。もっとたたみかけるような現象ならまだセットする甲斐もありますが、これは現象一回こっきりですから、ちょっと面倒くさ過ぎますね。

 現象は画期的で素晴らしいと思いますが、トリネタとしては弱いし、なんか微妙です。カードが加工されていないので、滑りが悪い問題はパウダーを使えば解決しますが、いかんせんブリッジサイズなのが気に入らないですね。これをやるならカードトゥーンの方が手軽で好きです。

カオス
即お蔵入り
星

カオス


 レパートリーが相当あり煮詰まってきているので、レビューが辛口になり申し訳ないですが、まったくやる気が起きません、即お蔵入りです。

 最初のスペードがそろう部分に興味を持って購入したのですが、これはクロースアップでは使えません。恐らくばれます。解説の映像ではネタが分かります。そして2段目は解説を見る前から推測できていましたが、想像通りでした。

 このプロットは大好きで、私はルイスオテロ氏のレコードA、ベンジャミンアールさんのパストミッドナイト2巻で演じているものを演じているので、このカオスは即お蔵入りです。演じることはないでしょう。

 また15年考えたは言い過ぎでしょうね。もしかした斬新なトリックかもしれないと期待して購入しましたが、裏切られました。マジシャンであれば、誰でも知っているものの組み合わせでした。

キューピット
期待値が高すぎた
星

キューピット


 ピットハートリングさんが20年以上トリネタにしていたという宣伝文句にひかれて、購入したのですが、期待値が高すぎました。映像を見たときにそこまで感動するものではなかったのですが、ピットハートリングさんは過去にカオスや書籍にカード・フィクションズは素晴らしかったので、信用したのですが、ちょっと微妙でした。

 原理が目新しいものかと思ったらそうではなく、マジシャンなら誰もが知っているものだと思います。この原理を使用したマジックは既に2つ持っていて、これは現在レパートリーにしていないので、これもどうかなという感じです。確かにプレゼンテーションは素晴らしいと思うし、一つ私の好きな原理を紹介してくれていて、サトルティーがうまいので、買って全く損したというわけではないですが、いかんせん期待値が高すぎました。

 繰り返しになりますが、プレゼンテーションは素晴らしいので、今レパートリーに入れるかどうか迷っています。お薦めできるかどうかは何とも言えず、もやもやします。20年前からやっているトリックなので、目新しさを期待しても仕方なかったですかね。レビューが全然出なかったので、変だなとは思いましたが、期待値が高すぎました。

魔法のミニカー
もう少しブレーキがかかってくれれば
星

魔法のミニカー


 2度目のレビューになりますが、これは実際に練習して人前で演じてみた上での感想で、実戦で使えるかどうかという、実用性をもとにレビューしているので、多少意見が厳しめになることをまずご了承ください。また前回のレビューも当時思っていたことを、書いているので、そちらも参考にしていただければと思います。

 結論からいうと、このマジックはレパートリーからはずしました。一言でいうともう少しお客さんのカードを当てるときにブレーキがかかってくれればということです。一応止まるのですが、微妙なので演じる機会も徐々に減っていき、完全にお蔵入りになりました。

 同種の商品(ミニカー)の中では良いとは思いますが、積極的に演じてみたいと思うマジックではないです。それと当てるときに、テンヨーの解説書ではペンシルドットを使っていますが、これがあまり好きではないです。他にも方法論もいろいろ考えましたが、しっくりいくものもなかったのも、お蔵入りになった要因です。

 似通った現象なら、メンタリズムとして使える、バーディーさんのMRI ペンデュラムの方が断然お薦めできます。

ディミニッシング・リターンズ
より効果的に見せるために
星

ディミニッシング・リターンズ


 2度目のレビューになりますが、これは実際に練習して、人前で演じてみた上での感想で、実戦で使えるかどうかという、実用性をもとにレビューしているので、前回のレビューと参考にしていただければと思います。

 とても良いマジックなのですが、勘の良い人にはわかってしまうので、必ずデックススイッチをするようにしています。ちなみに私が使用しているのは、トロイのデックススイッチです。(マンスリーマジックレッスン89号収録、このデックススイッチは、やるとわかっていても見破れなかったので、とてもお薦めのデックスイッチで愛用しています。またこの号はアレンジメントも収録されているので、大変お薦めです)

 デックススイッチをすることで、カードに仕掛けがしてあるのだろうが、なぜなんだろうという疑問がお客さんに残るようにしています。もちろん単品で演じても効果はありますが、よりよく見せるためにはどうしたらいいかと、考えた末にデックススイッチをすることにしました。是非試してみて下さい。


pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。