• HOME
  • カードマジック
  • コインマジック
  • 日用品・雑貨
  • マジック基本用具
  • DVD
  • 書籍
  • ムービー

商品詳細

  • 全情報表示
  • 商品紹介のみ表示
  • ユーザーレビューのみ表示

フレンチドロップ図書室: 高木重朗著 「トリックの心理学」

商品画像

在庫がありません

入荷お知らせメールを受け取る
ジャンル 書籍 / オムニバス
シリーズ フレンチドロップ図書室
価格 ¥ 600
紹介ツール

1986年に出版された「トリックの心理学」

トリックの解説を主としているわけではなく、人はなぜ騙されるのかにフォーカスしています。読み物としてとても興味深いです。マジック愛好家なら読んでいた方が良いでしょう。

出版者:講談社現代新書


【内容】

ギラギラ光るノコギリで美女の入った箱をまっ二つ!ふたをあけると、なんと彼女は元どおり。どうしてトリックにひっかかるのだろう。出現、消失、復活、貫通・脱出、超能力に的をしぼって、人間心理を巧みについたトリック演出法満載。



高木重朗(たかぎ しげお 1930年 - 1991年)

日本のアマチュアマジシャン。 東京生まれ。 慶應義塾大学経済学部・法学部卒。 奇術関係の書籍をたくさん執筆し日本奇術連盟副会長をつとめるなど奇術界に貢献したほか、衆議院参事、国立国会図書館参事、日本催眠学会理事なども経験している。1985年にアメリカのアカデミー・オブ・マジックのスペシャル・フェローシップを受賞している。

ユーザーレビュー
  • この商品のレビューを書く

レビューはありません

pagetop
当サイトは日本ベリサイン株式会社の認証を受け、SSL暗号化通信を実現しています。